高密度ってどういうこと?〜普通の Twitter検索とはどう違うのか、ご説明します〜

Twitterの発言やユーザーを検索してみましょう。
空白で区切って複数のキーワードを入力すればAND検索になります。

あなたのツイートは表示されましたか?されませんよね(※)。あなたが世間にとって「会ったことはないけど名前は聞いたことがあるかもしれない人」になれば、表示されるようになるかもしれません。つまり検索結果の1ページあたりに表示される情報の格付け密度が高い、そういうことです。

※一部表示される場合もあります。

この人はどんな人?〜背景とセットなら、発言の情報価値は増大します〜

Twitterのユーザー情報に書かれている自己紹介文は大抵の場合簡潔であり、かつあまり客観的ではありません。ヒウィッヒ・ドットコムに表示されるツイートには、発言者のバックグラウンドを客観的に説明する一文(あれば)が添えられていますので、その発言がどういう背景から出てきたものか、いちいちその人の名前でググらなくてもすぐにわかります。これもヒウィッヒ・ドットコムが「高密度な検索」を謳うゆえんの一つです。

過去の発言を簡単に発掘〜意外とどこにもない、前後の発言を手繰る機能〜

Twitterには、ある発言を基準点にその前後の発言を探索する機能がありません。でもヒウィッヒ・ドットコムなら可能です。「あの人が確か去年こんなことを言っていた」そんな時は、キーワードで当たりをつけてその時期の発言を検索すれば、あとはその前後の発言を手繰っていくことで目的の発言へたどり着くことができるでしょう。信者スレ、アンチスレのいずれの方にもご愛用いただいております。

ヒウィッヒ・ニュース

いま Twitterで話題に上っているニュースをお伝えします。

金正男氏殺害、VXガス使用=マレーシア警察が暫定分析結果 (時事通信) - Yahoo!ニュース
 【クアラルンプール時事】マレーシア警察は24日、金正男氏殺害事件で使われたのは猛
有田芳生 Shoko Egawa

ニュースをもっと見る »